離婚により住宅ローンの支払いが困難になって任意売却と債務整理

夫婦共有で住宅ローンを借りてマイホームを取得するケースがあります。
これは共稼ぎを行う夫婦の特権でもある、収入合算が可能になるからです。
どちらか1人の収入だけでは十分なローンが組めなくても、夫婦の収入を合算する事でより多くの住宅ローンを組む事が可能になるのです。
また、多くのローンを借りていますので、一人では返済が困難な金額になるケースも有ります。

離婚をする事でその返済が困難になるケースがあるのですが、離婚による住宅ローンの支払いは任意売却を速やかに開始する事が解決の糸口になります。
しかし、相手と連絡を取り、任意売却を行うための承諾を得る事が大切でもあるのです。

任意売却を行う場合は、まず不動産の抵当権を外さなくてはなりません。
任意売却を手助けしてくれる会社があり、そこに依頼をして行うケースが多いものです。
また、住宅ローンの滞納が続いていますので、債権者は不動産を差し押さえを行い、競売を実行しようとしますので、速やかに処理を行っていく事がポイントでもあるのです。

任意売却を行う事で、不動産は差し押さえされず、その結果近所に知られること無く、不動産を売却してローンの返済に充てる事が可能になるのです。

それでも返せないのであれば債務整理費用をかけてでも精算してしまうのがいいでしょう。